あなたの子ども手当の使い道は何ですか? しかし、信用ある人から「このお金を使ってくれ」と言って渡されたら、恐縮しつつも受け取って、どんな事に使うかあれこれと考える人がほとんどではないですか。 お金とは、受け取る相手やシチュエーションで、精神的な面において、大きな差があるものです。

子ども手当は「このお金を子供の教育に使ってくれ」と言って、国から手渡されている制度なのです。 この場合には、果たしてどういう使い道がなされているのでしょうか。 これまでに、支給された子ども手当の使い道に関して、各種機関が何度も何度も受給者にアンケートを採り、ニュースでもその結果が報道されるのを耳にしてきましたよね。

統計の結果、最も多い使い道は「子供の将来のための貯蓄」になっているのです。これは、いろいろなアンケートで、1位をとっている使い道なのです。 2位は「学校外教育費」。 つまり、塾になりますね。 塾の月謝の足しにする使い道も、かなり多く見受けられているのです。 以降、教育関連で多く見られる回答には、「学校教育費」「スポーツ教室や習い事の費用」です。 一方で、教育以外にも使用すると答えた人も、たくさんいます。 その中でも顕著なのは、子供の日常において、消費するお金への補てんなのです。

関連ページ